遠慮しないのは悪いこと?図々しい方が実は成功する!図々しい方がうまくいく理由

遠慮しないのは悪いこと?図々しい方が実は成功する!図々しい方がうまくいく理由

 

遠慮しないで図々しく行くのは悪いような気がして
謙虚で素直に行動してるんだけど、なぜが人生が前に進まず成功しないような気がするときってないかな。
 

結構感じるよね。
 

たとえば、
これからビジネスを始めようとしたり、人生のヒントを得たくてセミナーに通って
勉強している中で、周りの人はどんどん元気になって成長しているのに
自分はたいして変わってないような気がする。むしろ落ち込んでいる。

 

実はそれって図々しくあるのか、ないのかで人生の進み方が変わるって先日知ることができたんだ。
 

遠慮しないのは決して悪いことではなく、図々しいことは成功する上ではメリットでしかない。
 

遠慮しないで図々しくある人のほとんどは成功しているんだよ。 、と。
 

そんな言葉をもらった。
 

果たして遠慮せず図々しくあるのことのメリットはどうなのか、図々しくなる方法について今回はいろいろ紹介していくよ!
 


 

遠慮せず図々しくあると成功するのは当たり前

 

遠慮せず図々しくあることの最大のメリットはなにかって言うと、
常になんでも全力で受け取ることができることなんだ。

 

たとえば「これあげる?」と言われたら、「いただきまーす!」って速攻受け取っちゃう。
 

「いやいや、そんないいですよ」「お気持ちは嬉しいんですけど、結構です」っていう態度は決して取らない。
 

もらえるもんはもらっておく。
むしろ受け取れるのは、有難いこと、嬉しいこと。
 

ぶっちゃけ相手の好意を遠慮するのは相手の好意をないがしろにしてしまうんだ。
 

相手に対して失礼だ、ということ。
 

良かれと思ってしてくれたことに対して全力で反応する。
 

全力で反応してくれたら誰だって嬉しいじゃん?
 

たとえ建前上の好意が含まれてなかったことだとしても、
気遣いでされたことに対して、数%の気持ちは含まれてるだろうから、全力で反応する。

 

それを断ることってことは相手からのもらったエネルギーの流れをストップさせてしまうこと。
 

相手が良かれと思った行為に対して無反応って、
相手からしたら可愛げがないし、何かしてあげたいなって思わなくなるだろうし、
もしかしたら気にかけてくれたのに、ダメだコイツって呆れられたり、
いろんな情報を教えてくれる可能性がなくなっていくんだよね。

 

それがたとえば、自分の人生を変えるセミナーや勉強会に参加しているのに
「でも…だって」って遠慮して図々しさを出せなかったら、その瞬間をあとあと後悔する羽目になると思う。
 

人生を良くしたい!って考えてるなら特にね。
 

“セミナーに参加しているだけ”じゃ変わらない。
 

チャンスってタイミングだから、成功してる人というのはチャンスってのを見逃さない。
 

たとえば、質問するチャンスとかね。
 

そういうチャンスっていつ来るかわからないから、
普段からこんなことを聞いてみようとか準備が必要だし、
いつ来るかわからないチャンスに合わせるために、虎視眈々と狙う。

チャンスっていつもあるわけじゃないからね。逃したくないし。
 

多くの人は逃してしまうことが多いんだけど、
そのチャンスをものにする鍵となるのが”遠慮しない図々しさ”。

 

世の成功者は、図々しい人である人が多い。デフォルト設定だ。
 

(ホリエモンさんとか図々しそうでしょ?)
 

『遠慮』はチャンスに逆らっているという認識を持つことがまず大事なんだよね。
 

遠慮せず図々しくなるメリット

 

遠慮しない!図々しいメリット①チャンスが増える

 

これはさっき言った通り。
 

たとえば、「はいはーい!やりまーす!」って真っ先に手を挙げて行動に移せるような人は、
可愛げがあるので、チャンスをあげたくなったりする。
 

明るくて素直で元気な人って、いろいろと教えたくなるじゃん?
 

たとえばセミナーとかだったら講師側からすると自分ばかり話してしまって
反応がないのが結構不安らしく、せっかく皆に人生良くなってほしいのと考えてるので
そういう元気な人って重宝されるらしいんだ。
 

感想とかありませんか~?ってときに、当てやすいとかね。
 
 
だからといって鈍くさくて不器用な人がチャンスに恵まれない。なんていうのは早とちりだよ。
 

不器用な人は不器用なりに盛り上げようとする姿勢は、
見てくれる人はいるので、もしセミナーとかで盛り上げるのが苦手だと思ったら、
メールで日々感謝してみたりだとか、報告メールを毎日のように送るとかできることだってある。

 

自分は後者の方。
 

実際わたしは鈍くさくて引っ込み思案な性格+人見知りだったので、
メルマガとかに返信しまくったりして、盛り上げようとしてた。
 

そしたらある時のセミナーで「〇〇に関してSUGAさんはどう思う?」なんて
急に発言できる機会(チャンス)に恵まれたりして、いろいろな話すことができたんだ。
 

ブルブル緊張したけど、あれはチャンスをものにできたな!っていう瞬間だったね。
 

遠慮しない!図々しいメリット②可愛がられる

 
 
教えたことに対して、面白いくらい反応してくれたり、
素直に聞いてくれるような様子だったら、人間心としてその人に教えたくならないかな?
 

不愛想にブスっとした顔できかれるより何万倍も良いと思う。 
 

盛り上げてくれて助かるなって気にかけてもらえるかもしれないし、
気にかけてほしいとアピールする姿も健気で可愛かったりするからね。
 

気にかけてアピールって純粋無垢な子供のような可愛さがあるから気になる存在になったりするんだよ。
 

たとえば、恋愛で好きな人ができたらその人に好きになってもらえるように色々努力すると思う。
 

アプローチってやつ。
 

・笑顔を向ける
・うなづく
・目を見る
・ちょっと反応を大げさにする

 

など、セミナーで図々しく行くというのは、恋愛のアピールと同じなんだよね。
 

好きになってほしいから、アクション起こしてアピールする。
 

時には外れたりして気にかけてもらえなかったりするけど、 
自分のために頑張ってくれてるなと思ったら自然と意識されるようになるから、
健気にアピールするってことは可愛げになるんだ。

 

そしてそういうことをやってる人は、喜ばせ上手になれることが多いんだな。
 

遠慮しない!図々しいメリット③喜ばせ上手になれる

 

気に入ってもらいたくていろいろ錯誤してアピールするわけだから図々しくなるのは、
自然と喜ばせ上手になるかもしれないよ。 

 

ただの図々しさって傲慢で自己中で、見る人によっては嫌われてしまうだろうけど
遠慮しない図々しさの中に喜ばせ上手の側面があったら、なんか許せたりしない?
 

「まぁコイツいろいろ遠慮しない図々しい人だけど、いろいろ喜ばせようと考えてくれるからな。ちょっと気にかけてやるか。」
 

ってなったりするかもしれないしね。
 

(図々しくならなくてもシンプルに喜ばせ上手になるのもありだけど!)
 

あるいは、世の中には遠慮せずにぐいぐい食らいついてくる人に愛しさを感じる人もいるってことも教えておく。
 

たとえばセミナーを主催している側からすると、
クライアントさんに人生良くなってほしいという思いもあるけど、
仲間が欲しいと思ってる人もいるんだよね。

 

一緒に人生をよくしていこう!と思う仲間をね。
 

一人で頑張るって寂しいじゃん。
 

そういう人を発掘することも考えてたりするから、
遠慮しないで図々しく食らいついていくのって、案外喜ばれたりする。
 

そしてその人が喜ばせ上手だったら、仲間候補になれる可能性があるよね。
 

だから喜ばせ上手ってとても大事になるんだ。
 

遠慮しないで図々しくなるにはどうすれば良いか

 

なら、遠慮しないで図々しくなるためにはどうしたらいいのか?
 

というのが気になるよね。
 

特にもともと引っ込み思案だったり、人見知りだったり、表立つより裏方タイプであったり。
 

そんな自分の気質にコンプレックスを持っていて、
遠慮しまくりの人生で図々しく出しゃばるのことなんてできない!
 

「わたしです!!」という心当たりの人、挙手!
 

本来もっている性格なのでどうしようもないだろぉぉぉぉ!
 

って悲観的になっても大丈夫。
 

図々しくなれる方法は常日頃から心がけることで養われていくからその方法を伝えていくよ。
 

遠慮しない! 図々しくなる方法①元気よく感謝してみる

 

たとえば、友人や職場の先輩、上司に缶コーヒーなどおごってもらった時に
元気よく「ありがとうございまーす!」 と言ってみたり、
何か些細なコトを手伝ってもらったりしたときにも「ありがとうございまーす!」
感謝の言葉を出していくことが大事なんだ。
 

ポイントは少し大げさなくらいで丁度いい。
 

ただそっけなく「あざす」って言われるより、
元気や笑顔をサービスとして付けた方が相手は嬉しいと思うんだよね

 

相手が「そんな大げさなw」と言われるくらいでOK。
 

相手は楽しくなるし、自分も楽しく感じるからお互いWINWINになれるんだよ。
 

昔の自分は「缶コーヒーおごってあげる」って言われてたときは
めちゃめちゃ申し訳なくなってて、
小声で「すみません。ありがとうございます。」なんてことが多かった。
 

ここで元気よく「あざーす!!」とでも言っておけば、
その場の空気は明るく温かくなるし、会話も弾んだりして良いこと尽くしだったんだけど、
遠慮したせいで奢り甲斐のあるやつじゃないな~と残念がらせたかもしれない。後悔している。
 

サービス精神をもって元気よく図々しく行った方がノリの良い奴、
可愛げのある奴って思われて
嫌われたりしないし、むしろ、人間関係に恵まれて日常が楽しくなっていく。

 

特にたかが100円の缶コーヒーだったとしても、
奢るという好意に対して、少し身を削ってくれてるわけだから(労いの意味とか)、
全力で感謝しに行った方が、奢った甲斐があったと相手を喜ばせられる。
 

良いエネルギー循環だよね。
 

こういった感謝を大げさにして繰り返していくことで、遠慮しない図々しさのハードルが下がっていく。
 

遠慮しない!図々しくなる方法②図々しい人の傍にいる

 

遠慮しないのが悪い気がして図々しくなれないのなら、図々しい人の傍にいる。
 

これが一番手っ取り早いかもしれない。
  

つるみの法則と言われるように、
 

・元気な人は元気な人同士
・モテる人はモテる人同士
・オタクはオタク同士
・仕事ができる人はできる人同士

 

でつるむっていう感覚、日常生活で感じていると思うんだよね。
 

人間って無意識のうちに自分と似たような人を選んでつるむ性質があるんだよ。
 

いま自分が遠慮がちの図々しくなれないタイプだと認識しているのなら、
普段つるまない図々しい人の傍にいることが自分を変えられる可能性が十分にある。
 

あるいは、遠慮なんて全くない図々しい人に引っ張ってもらうのもアリ。
 

遠慮しない人、図々しい人ってどんな感覚で生きてるのか、
勉強させていただくつもりで傍にいると、「あ~こんな感じなのね」ってヒントを得られる。。

  

たとえば、
 

「こういう雰囲気なのね。。」 
「こんな感謝の仕方をしてるのね。」
「こんな話し方をしてるのね。」

 

など、自分とは違う人の接し方をしてるんだなとよーく観察してみれば学べることは多いと思うよ。
 

実際わたしは成功者と呼ばれるような人と話す機会が以前あったんだけど、
感覚が一般人と違いすぎて、すごく勉強になった。
  

そういう図々しい人って自分と気質が違うから

「なんだあの遠慮のなさは!」
「空気読めよ!」

ってイラついてしまったり、嫉妬してしまったり、注意とかしたくなったりするかもしれないけど。
 

人は自分に持っていないものの存在に影響って受けるし、
それがたとえば仕事のできる先輩だったり、
尊敬できる人だったら積極的につるんで図々しさを学んだ方が絶対良い。
 

大体仕事のできる人って遠慮しないし、図々しいし、ガツガツ言ってきたりするので、
意識的に取り入れようとすると良い勉強になると思うよ。

 

(※影響を受けたくない人だったら、そばにいなくてもいいけど!)
 

遠慮しない図々しさの先にあるもの

 

自分は昔引き寄せの法則とかスピリチュアルなことにハマっていたんだけど、
現実世界の方を無視していることが多かったんだよね。
 

それはたとえば、
 

「イメージしてれば現実はこうなってああなって、自分が特に努力しなくてもすべてがうまくいってるー!ひゃっはー!」
 

という怠慢さで、メルヘンチックなことを妄想して特に行動を起こす努力をしていることはしてなかった。
 

イメージはもちろん大事なんだけど、それだけじゃなくて
現実世界でも貪欲にもぎ取りに行く行動力ってもすごく大事だと気づいたんだよね。

 

それが今回であれば「遠慮しない図々しさ」 だ。
 

「遠慮」って、大自然の循環を自分からストップさせてることだと教えてもらったことがある。
 

たとえば、自然の流れというものは、
太陽が海の海面を照らし、海面の水が水蒸気となって雲ができ、
風に流れて山の上で雨が降り、雨は川となって生き物に活力を与え、
海に流れ、また太陽に照らされ、また雲ができて、雨が降り・・・と
自然の循環が当たり前に行われているなかで、
 
その自然の流れを自分でストップさせている遠慮という行いは、
流れに逆らって受け取りを拒否していることなんだ。

 
自然の恵みを受け取り拒否することは、人生をうまくいかせる点ではとても不自然なことなんだよ。
不自然すぎる。クレイジーだ。

 

遠慮しない、図々しくなるのはいけないことだ。ダメなことだ。貪欲になるのはダメだ。
 

とかごちゃごちゃ考えてることが実は、
自然の流れに逆らって受け取りを拒否していることなんだよね。
 

だから遠慮せず図々しくなるっていうのは、
実は自然なことで、咎められたり、卑しいものではない。

 

セミナーとか人生を変える場でガツガツ攻めちゃっていいということ。
 

こういう意識でいると、普段の日常の中でも手ごたえが出てくるはずだ。 
 

それがたとえば、人間関係よくなった、行動力が上がった、熱くなれるようになった!とかいろいろね。
 

図々しさは人生をよくする秘訣。
 

これを読んでるあなたも是非図々しさを実践していって日常が変化していけば良いと本気で思ってるよ。 
 

まとめ

 

今回は図々しくなることについて色々話してみた。
 

メリットや方法、これらはすべて自分も教えてもらったことなんだ。
  

なんとなく人生が先に進まないのは意外とシンプルで”遠慮して図々しくない” から。
 

「自分はなんで人生先に進まないんだー!」って頭抱えていた時期がとても長かったんだけど、
やっと人生が2、3歩進んだ感じだ。
 

普通に考えて、貪欲な方がうまくいくよね。
 

遠慮は日本人の美徳かもしれないけど、人生を良くしたいって考えるのなら
勇気をもって貪欲に図々しく攻めないと変わらないんだよね。苦しいけど、事実だ。
 

今変わっていない現実が、自分の事実なんだから変えていくためには図々しくなること。
  

シンプルかつ強力な方法だと思う。
 

これを読んでいるあなたもぜひ「遠慮しない図々しさ」 を身に着けていってもらいたいと思ってる。
 

自分もまだまだだけど、一緒に頑張ろうぜ!
 

では、最後まで読んでくれてありがとうございました~!
 



人生の潮流を一瞬で変えて「奇跡」を引き寄せる裏法則|佐藤想一郎公式メールマガジン「奇跡の扉」
ここまで読んでいただき本当にありがとうございます! このブログを管理しているSUGAです。

人生が変わるヒントを得てもらえたら良いな、 という思いでこのブログを書かせていただいてます。

わたしは4年前、自由な人生を謳歌したくてフリーランスの道を歩みました。

もともと人を信頼できない、頑固で疑い深い、ひねくれ者な性格だったので、自分一人で生きていこうと考えてたんです。 その性格のせいで多くの人に迷惑をかけました。

人生でワースト3に入る失態です。

気付けば廃業。うつ病に。

今思えば一人で生きていこうと思ったのは強がりだったんだなと思います。 本当は、信頼し合える仲間と共に過ごしてみたかった。

しかし、努力が実らなかった自分に失望したのもあって「ああ、終わった。ダメだ俺の人生」と、人生を諦めていました。

・・・でも、どこかに諦めたくない思いがあったんでしょう。

人生のヒントを探していた時に、
偶然、佐藤想一郎さんのメルマガにたどり着くことに。

「この人の書く内容はすごい。自分の人生良くなっていくんじゃないか?」と思わせてくれるような不思議な方でした。

今は、「もっと明るく過ごそう!」と前向きになって、ネガティブな性格を克服しているところです。

他にも友人から「変わったよね?!キャラが違う!笑」って言われて、
理想のパートナーにも恵まれて、楽しい毎日です。

4年前のあの頃に比べたら、
人生が180度変わりました。

ただのメルマガでここまで変わるとは。

感謝しかありません。

・・・そこで今回は、わたしが変われたように、もっとたくさんの人の人生が変わるヒントをお伝えしていきたい。

こんな思いから、
佐藤想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』をご紹介させていただこうと思いました。


SUGA
SUGA
「人生を明るく過ごすヒントを得たい!」など、人生のヒントをお探しの方がいらっしゃったら、ぜひこの下のサイトをご覧になってみてください。
今なら先行特典として、


・Daily Shift~成功マインド編~
・4次元引き寄せプログラム  

をプレゼント中です。

このメルマガを読んでくださった方の人生が、少しでも良くなるように。

→『奇跡の扉』の詳細はこちらから!