突然の上京・初めての一人暮らしで寂しさを乗り越えた先にあるもの。

突然の上京・初めての一人暮らしで寂しさを乗り越えた先にあるもの。

たとえば、新卒で入社した会社の研修後、突然上京を言い渡された。

地元から遠く離れた土地で、友人があまりおらず寂しい思いをしながらの一人暮らし。

わたしは新卒とは違って中途採用で突然の上京だったんだけど、、
初めての一人暮らしが東京でとても寂しかったのをよーく覚えてる。

親が引っ越しの手伝いにきてて、
夕方に「んじゃ、頑張れよ」って言われて帰っていく背中を見つめながら
突然襲ってくる不安と寂しさ。

帰った後に一人寂しく泣いてしまって、不安がこみ上げて止まらない。

今回はそんな辛い目にあってるあなたに私からのエールを届けていこうと思ってるよ。

突然の上京ってとても寂しいけれど、その経験は必ず人の役に立つ

正直に言って、「あなた、とってもいい経験してますよ!!」 と声を大にして言いたい。

連休などで地元から東京に戻る新幹線や飛行機の中で泣いてる人は、もっといい経験してる。

なぜなら、寂しいという感情を我慢せず、外に吐き出せることができるのはなかなかできることではないからだ。

『寂しい、悲しいという感情を出してはいけない。』

そんなのはみっともないって風潮があるけれど
その感情を見て見ぬふりや、我慢で押さえつけてしまう先には、
弱さを見せてはいけないという自意識が強くしてしまい結果的に自分を苦しめることにつながるんだよね。

それはさまざまな状況で出てくるんだよ。

・人に頼れなくなる。
・質問できなくなる。
・完璧でなければならない。
・甘えは負けだ

これらの考えに縛られるようになり、自分で自分を孤独に追いやってしまうんだよ。

逆に寂しいという感情を爆発させたらどうなるか。

それはたいていスッキリする。

どうしようもない現実にぶち当たり。自分のわがままが通用しない。

『こんな現実認められるかっ!』

と泣き叫んで一人部屋に閉じこもる。

ボコボコにやられたメンタル、鉛が心にぶら下がったかのような感覚。

すごく絶望するであろう。

でもね。

心の底から本心で「こんな現実嫌だ!!」と感情を爆発させることができたら、
自分を真っ白にすることができて前に一歩ずつ進めることとができるんだよ。

どういうことかっていうと、
真っ白な状態っていうのは、まだ自分が右も左もわからなかった無垢で純粋な状態に戻るということ。

簡単にいえば、赤子で生まれ変わったかのような感覚になることなんだよ。

赤子は気にせずいろいろな事を吸収していくよね。

そこには自意識もプライドもなくて、好奇心旺盛でパワフルな生き方をしている。

真っ白な状態とはまさにそれ。

現実にぶちのめされたら、感情を発散できたら真っ白でゼロな状態から再スタートを切ることができるんだよ。

どん底まで落ちたら後は這い上がるだけってよく言われてるように、
あれは真っ白になれたということ。

真っ白になれたらメリットしかない。

だって、人の言う事を素直に聞こう、もっと謙虚になろう、感謝しようって、
あまり考えてこなかった日常の一コマ一コマに畏れを感じられるようになれるからなんだ。

そうなると、自分の能力って開花していくんだよね。

赤子のようにどんどん人生を加速させることができる。

それは、昇進した、モテるようになった、予期せぬ出会いがあった。

など、人それぞれいろんな形で表れると思うんだけど、人として深みを得ることがつながるんだよね。

深みがあるとは、能力が開花しているということ。

人の役に立ててるということ。

つまり、寂しさや不安を乗り越えて、真っ白になって再スタートを切れたあなたは、
人から求められるとーっても素敵な人になれる可能性があるんだよね。

そこから得ていく経験や学びは、将来必ず人を勇気づけられるような、役に立てる話になっていく。

だから、今一人暮らしで寂しさや悲しさで絶望しているあなたの未来は確実に良いものになる。

そう断言できる。

大体の人は本心をごまかし、
「いや、寂しさを感じるわたし(おれ)は弱い大人だ。」と弱さに負けない大人になろうと頑張るんだよね。

そう考える人達は真っ白になりきれてない。

どん底という絶望を味わいきれてない。

絶望に向き合いたくない。

成長の本質は絶望であるとも言えるんだよ。

今これを読んているあなたは、苦しさでどうしようもなくとてもつらい思いをしているはずだ。

絶望していないあなたに何がわかる!と言われて、
その絶望を払拭することができる魔法のような言葉をかけてあげられないかもしれない。

だけど、声を大にして言いたい。

「その絶望は、あなたを100%成長させることにつながっている!」と。

一人暮らしで寂しさや不安を乗り越えた先にあるもの

それは、人としての器が大きくなること。 

謙虚になり、自分が未熟者だということに気づけること、
自分はまだまだ何も知らないということを知れること。

最大のメリットは『畏れ敬う』 という感覚を得ることができること。

畏れ敬う、というのは、普段何気なく使っている物が実はとても大事なものであったことに気づくこと。

それは尊敬でもあるんだよね。

余談だけど、
達人はこの『畏れ敬う』という感覚を忘れないでいる人らしい。

たとえば、お笑い芸人でフリップ芸を得意芸としている人がいたとしよう。

ただ「このフリップさえあれば笑いが取れる!」

という人と

「このフリップで笑いを取れることは、なんて素晴らしいことなんだろう。」
「このフリップがなかったら、笑いすら取れなくて人を笑顔にすることができなかったかもしれない」

この意識の差があったとすると、一体どちらがより笑いを取れるだろうか?

・・・後者だと思うんだよね。

絶望して真っ白になって、悲しくて寂しくて泣きたい経験をしたあなたは
おそらくいろんなことを感じられるようになってるはずだ。

それはたとえば、
家に帰ったら温かいごはんが用意されているということ、
部屋が散らかってたら片づいてることなど、
日常であふれていた当たりまえの事とかね。

『ああ、こんなにも有難いことにも気づかなかったんだなわたしは。』

これが『畏れ敬う』という感覚だ。

他にもいろんな気づきがあると思うけど、
今寂しさ、不安を抱えているあなたは、その大事な感覚を育てている最中なんだよね。

当たり前のことに感謝できない人と当たり前のことに感謝できる人だとどちらが魅力的で人の役に立てる人か。

器の大きさは絶望を味わった差で決まるとわたしは思ってる。

つまり何が言いたいかっていうと、
あんまり言いたくないんだけど、感情を我慢せず、どんどん絶望を味わって前に進んじゃえよ!
ってこと。笑

だから声を大にして言いたい。

『今一人ぐらいで寂しさを持ってるあなた、とってもいい経験してますよ!!』

ってね。



人生の潮流を一瞬で変えて「奇跡」を引き寄せる裏法則|佐藤想一郎公式メールマガジン「奇跡の扉」
ここまで読んでいただき本当にありがとうございます! このブログを管理しているSUGAです。

人生が変わるヒントを得てもらえたら良いな、 という思いでこのブログを書かせていただいてます。

わたしは4年前、自由な人生を謳歌したくてフリーランスの道を歩みました。

もともと人を信頼できない、頑固で疑い深い、ひねくれ者な性格だったので、自分一人で生きていこうと考えてたんです。 その性格のせいで多くの人に迷惑をかけました。

人生でワースト3に入る失態です。

気付けば廃業。うつ病に。

今思えば一人で生きていこうと思ったのは強がりだったんだなと思います。 本当は、信頼し合える仲間と共に過ごしてみたかった。

しかし、努力が実らなかった自分に失望したのもあって「ああ、終わった。ダメだ俺の人生」と、人生を諦めていました。

・・・でも、どこかに諦めたくない思いがあったんでしょう。

人生のヒントを探していた時に、
偶然、佐藤想一郎さんのメルマガにたどり着くことに。

「この人の書く内容はすごい。自分の人生良くなっていくんじゃないか?」と思わせてくれるような不思議な方でした。

今は、「もっと明るく過ごそう!」と前向きになって、ネガティブな性格を克服しているところです。

他にも友人から「変わったよね?!キャラが違う!笑」って言われて、
理想のパートナーにも恵まれて、楽しい毎日です。

4年前のあの頃に比べたら、
人生が180度変わりました。

ただのメルマガでここまで変わるとは。

感謝しかありません。

・・・そこで今回は、わたしが変われたように、もっとたくさんの人の人生が変わるヒントをお伝えしていきたい。

こんな思いから、
佐藤想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』をご紹介させていただこうと思いました。


SUGA
SUGA
「人生を明るく過ごすヒントを得たい!」など、人生のヒントをお探しの方がいらっしゃったら、ぜひこの下のサイトをご覧になってみてください。
今なら先行特典として、


・Daily Shift~成功マインド編~
・4次元引き寄せプログラム  

をプレゼント中です。

このメルマガを読んでくださった方の人生が、少しでも良くなるように。

→『奇跡の扉』の詳細はこちらから!