すぐ諦めてしまう癖を治す方法はある?自分なりの考えをご紹介します!

すぐ諦めてしまう癖を治す方法はある?自分なりの考えをご紹介します!

この記事の想定読者:
 
今まで諦めてきた人生だったけど、このままの自分のままだといけない。行動したいけど、すぐ諦めてしまう癖に引っ張られてしまう。どうしたらいい?

  

実は、ある三つの方法を知ることでその疑問を解決できます。
 

わたしがこの一年で実践して諦め癖を改善できたからです。
 

この記事では、すぐ諦めしまう癖をを治していくために『脳内プログラム』『心がけ』『環境を変える』という観点から方法をご紹介していきたいと思います。
 

記事を読み終えると、諦める癖に引っ張られず行動できるようになっていきますよ。
 

それでは参りましょう。
 

すぐ諦めてしまう癖は、意外とどうしようもない

すぐ諦めてしまう理由を考えてたら、それだけで人生が終わってしまうと思います。
 

なぜなら、すぐ諦めてしまう原因って、探すことが難しいからです。
 

癖って無意識から来るものだから、原因が判断しづらいんですよね。
 

ちなみに諦めてしまう主な原因というのは、以下の項目がよく取り上げられてたりします。
 

・やる気がない
・失敗を非常に嫌う
・物事に対して飽きっぽい
・自分には出来ないと考えている
・計画通りに進まないと気がすまない
・諦めるのはもう一度チャレンジしないから

 イケジョ通信

 

思い当たる節、ありそうです。
 

たとえば、『自分にはできない』という項目を挙げるなら、あなたも悩んでることでしょう。 
 

しかし、なぜできないと思うのか。
 

その原因を突き止めるには、無意識の癖を探ることなるのでとても難しいことです。
 

だからこそ、わたしは外的アプローチで、すぐ諦めてしまう癖を改善する方法はないかと模索してきました。
 

その中で効果てきめんだった、実践してよかったと思う三つの方法をこれから紹介していきたいと思っています。
 

ご紹介するのは以下の三つです。
 

・脳内プログラムに気付く
・どうせできない➡どうしたらできるか?
・第2のコミュニティに身を置いてみる

 

順番に解説していこうと思います。
  

STEP①:脳内プログラムに気付く

脳内プログラムに気付くとは、「X=Y」の構造に気付いていく、ってことです。
 

たとえば、わたし(X)=すぐ諦める人(Y) と考えてみましょう。

 

ここでは「わたし」という名詞「すぐ諦める人」という名詞がイコールになってますよね。
 

わたしたちの脳は、無意識に名詞と名詞を結び付ける機能があるとされています。
 

理由としては、脳は名詞と一体化することで恐怖をなくしたいからです。
 

「わたしは何者でもない」って事になったら、脳が恐怖状態になってアイデンティティが崩壊しそうですよね?
 

だから、わたしはすぐ諦めてしまうんだよね・・・と思ってるのであれば、
いつも「わたし(X)=すぐ諦める人(Y)」という思考になってしまってないか、
チェックしてみることがポイントになります。
 

まずは”気付く”ことが重要です。
 

<とはいえ、具体的にどうチェックすればいい?>

 

シンプルに言ってしまえば、
いかなる場所でも、自分が今何を考えているのか、客観時しながら脳内中継をするイメージです。
 

たとえば、「はぁ、なんでおれってすぐ諦めるんだろ・・・」 ← おれ=すぐ諦める人!
 

もし脳内中継ってよくわからん、ということであれば、紙に書くことがオススメです。
 

パッと思いついたらメモ書きみたいに、頭の中をサラサラ殴り書きをする感じでも構いません。
 

自分がどんなプログラムを持っているのか分かっていくはずですよ。
 
 

STEP②:どうせできない⇒どうしたらできるか?

 

「どうせできないし・・・」といつも考えてませんか?
 

これは極端な思考パターンの可能性がありです。
 

理由としては、心理学でいう「一般化」の例に当てはめられるからです。

  

私が普段から参考にしている心理学の本では下記のように説明しています。
 

行き過ぎた一般化
行き過ぎた一般化(Overgeneralization)とは、経験や根拠が不十分なまま早まった一般化を下すこと。 ひとつの事例や、単一の証拠を元に、非常に幅広く一般化した結論を下すことである。たった一回の問題発生だけで、その問題は何度も繰り返すと結論付けてしまう。

「彼女は今日挨拶をしてくれなかった、きっと私を嫌っているに違いない」

wikipedia

 

たった一つの失敗だけですべてを判断してしまった「一般化」のいい例ですね。
  

このような経験、あなたもあるのではないでしょうか?
 

わたしの場合、一つ失敗したら、「うわーこれだから俺はいつもダメなんだー」とならないよう気を付けています。
 

初めは違和感を感じますが、認識できるようになったら、「どうしたらできるだろうか?」と常に考えるようにしていきましょう。
  

脳内プログラムに気付く⇒「どうしたらできるか?」
 
という流れでやると完璧です。
 

ここは”意識的”にやっていく必要がありますね。
 

<ちなみに>

 
心理学的なアプローチに興味があって、より深く学んでみたい方には以下の本がオススメです。
 

『フィーリングGoodハンドブック』デビット・D・バーンズ
 

感情に苦しまない方法について書かれた本です。
苦しまないメソッドが沢山書かれてます。
本気で取り組むならこの本で事足りるかと。
 

  

STEP③:SNSを活用する

最後は、SNSを活用することです。
 

できれば、自分よりちょっと人生充実してそうな人に興味を持ってみるのがオススメです。
 

なぜなら、自分よりちょっと先に進んでる人の諦めない姿勢を見ることができるからです。

 

成功者じゃないにしても、自分に近い立ち位置にいるので、感化されて頑張ろうと思えます。
 

泥臭く頑張る姿勢を知れたりするのがメリットですね。
  

一人で頑張ってもどこかで挫折しそうなときがあります。
 

そういう人から刺激を受けることで、すぐ諦めてしまう自分を律していくんですね。
 

たとえば、ブログを書くならブログ頑張ってる人のTwitterを見て気持ちを高める。 
 

すぐ諦めてしまうにとってSNS活用はなくてはならないツールなのです。
 

ってことで、まとめ

 
  

本記事では、すぐ諦めてしまう治し方について以下の通り紹介しました。
 

・脳内プログラムに気付く
・どうせできない⇒どうしたらできるか
・SNSを活用する

でしたね。 
 

わたし自身もこの一年間、どこにいてもひたすらこの3つの方法を実践していました。
 

諦めずに続けていって、諦めない癖というのが改善されていきました。 
 

改善したのを実感して思ったのが、どんなコンプレックスでもコツコツやっていけば治っていく、ということです。
 

今回ご紹介した内容は効果的だったので、ぜひ実践してみてください。
 

あなたの人生がよくなるヒントになれれば嬉しいです。
 

それでは今回はここまでで。
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 



人生の潮流を一瞬で変えて「奇跡」を引き寄せる裏法則|佐藤想一郎公式メールマガジン「奇跡の扉」
ここまで読んでいただき本当にありがとうございます! このブログを管理しているSUGAです。

人生が変わるヒントを得てもらえたら良いな、 という思いでこのブログを書かせていただいてます。

わたしは4年前、自由な人生を謳歌したくてフリーランスの道を歩みました。

もともと人を信頼できない、頑固で疑い深い、ひねくれ者な性格だったので、自分一人で生きていこうと考えてたんです。 その性格のせいで多くの人に迷惑をかけました。

人生でワースト3に入る失態です。

気付けば廃業。うつ病に。

今思えば一人で生きていこうと思ったのは強がりだったんだなと思います。 本当は、信頼し合える仲間と共に過ごしてみたかった。

しかし、努力が実らなかった自分に失望したのもあって「ああ、終わった。ダメだ俺の人生」と、人生を諦めていました。

・・・でも、どこかに諦めたくない思いがあったんでしょう。

人生のヒントを探していた時に、
偶然、佐藤想一郎さんのメルマガにたどり着くことに。

「この人の書く内容はすごい。自分の人生良くなっていくんじゃないか?」と思わせてくれるような不思議な方でした。

今は、「もっと明るく過ごそう!」と前向きになって、ネガティブな性格を克服しているところです。

他にも友人から「変わったよね?!キャラが違う!笑」って言われて、
理想のパートナーにも恵まれて、楽しい毎日です。

4年前のあの頃に比べたら、
人生が180度変わりました。

ただのメルマガでここまで変わるとは。

感謝しかありません。

・・・そこで今回は、わたしが変われたように、もっとたくさんの人の人生が変わるヒントをお伝えしていきたい。

こんな思いから、
佐藤想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』をご紹介させていただこうと思いました。


SUGA
SUGA
「人生を明るく過ごすヒントを得たい!」など、人生のヒントをお探しの方がいらっしゃったら、ぜひこの下のサイトをご覧になってみてください。
今なら先行特典として、


・Daily Shift~成功マインド編~
・4次元引き寄せプログラム  

をプレゼント中です。

このメルマガを読んでくださった方の人生が、少しでも良くなるように。

→『奇跡の扉』の詳細はこちらから!