期待しない効果|うつ病になって気づいた経験談

期待しない効果|うつ病になって気づいた経験談

期待しないとどうなるか。
 

実際のわたしの経験談を踏まえて
期待しないとどんな効果があるの
かについて話していきたいと
思います。
 

わたしたちは気づかぬうちに
期待していることがとても多いです。
 

・約束は絶対守るべき
・挨拶は返すものだ
・感謝すべきだ
・笑顔で話をきくべきだ
・LINEの既読スルーはしないべきだ

 
など、意識していなければ
自分の価値観、考え、ルールに
基づいて人をジャッジして
しまうことが少なくありません。
 

でも、こういうことを気づかぬうちに
繰り返している限り、凝り固まった
思考となり、最悪うつ病など精神的に
辛くなることが多くなるかもしれません。
 

そんな状況に至ってしまっては
取り返しのつかないことになる
かもしれないので、期待しないことで
気分が気が楽になったわたしの経験談が
参考になれば幸いです。
 

期待しない効果とは?

 

わたしは以前から他人に
期待してばかりの人生でした。
 

究極の甘ちゃん野郎だったので
自分で物事を解決しようとせず、
答えは常に他人に求めていました。
 

「誰かがなんとかしてくれる」
 

今思うと何言ってんだコイツって
いうほど頭おかしかったなーと
思ってるんですが、以前はマジで
これを信じていました。
 

自分で解決できない事態になると
人を頼るわけですが、今までは
なんとかうまく頼ることができて
いたのですが、たまーに断られる
ときがあるわけです。
 

その時のわたしの心境としては
 

「はぁ?ふざけんな!なんでだよ!」
 

って結構本気で切れてました。
 

相手は自分の言うことを聴いてくれて
当たりまえ。
 

いわゆる相手に期待している度合が
大きく、断られると「裏切ったな!」って
親の仇!って逆恨みするほど、それは
それはマズイ思考をもっていました。
 

そんな状態のまま毎日を過ごして
いたわけだったんですが、一時期
フリーランスで仕事をしていた際、
自分の考え方の愚かさを思い知る
こととなりました。
 

期待しないことの大切さ知る

 

フリーランスは一人で仕事をこなし、
自分の実力で成果を上げていかなく
てはなりません。
 

頼れる人はいましたが、
当時は自分で何とかしようという
意気込みが皆無状態なわけでした
ので、それはもう、自分のできな
さのせいをお客さんやメンターの
せいにして
 

「おれがうまくいかないのはお客が言うことを
聞かないからであって、メンターの教え方が悪い!」
 

って人間のクズといえるような状態ま
で落ちました。
 

自分にも期待してしまっており、
成果を出せない現実を認められなくて
かなり精神的に追い詰められました。
 

その結果うつ病になってしまった
んですが、このことからわかるように、
期待をしてしまうと自分のエネルギー
を消費してしまい精神的に支障をきた
してしまうようになります。
 

「どうしておれはできないんだよ!」
 

って思えば思うほど、自分の精神力を
減らしてしまい、感情に常に降り回される
ようになっていきます。
 

わたしはうつ病になってから、
期待しない重要さをある方から
教えてもらい、それから人や
自分に期待しないようにしよう。
 

そう意識し始めるようになりました。
 

なんか冷たい人になるのではないかと
思われるかもしれませんが、そもそも、
人は何かに頼ろうと思ってしまう時点で
自分で生きる能力を手放してしまうことに
なってるんです。
 

もう少し詳しく説明していくと、

わたしが人や自分に期待しないように
しようと思う時はあることをイメージ
するようにしてます。
 

それは、
自分がもし原始時代に生まれて
生活していたとしたら、果たして期待
している暇があるのか?

 

ということを考えるんです。
 

現代は豊かになり、さまざまなことが
仕組化され、そのシステムに乗っかって
いれば、くいっぱぐれることはありません。
 

ただ、豊かになった分悪い側面もあると
思ってます。
 

それは、自分で人生を切り開く
力を削がれているということです。
 

本来人間も動物の一種ですから、
やろうと思えばサバイバルだって
できるはずだと思います。
 

しかし、それをやる必要性が
なくなった世の中でシステムに依存して
退化してしまっている自分を見ると
自分は本当に自分の人生を生きられてい
るのだろうか?と考えてしまうんです。
 

なので、
期待なんかしている暇があるのであれば、
槍を作るし、罠をつくるし、いかに
マンモスをうまく狩れるのか、考え続け
実践し続け、毎日を必死に生きるはずだと
思います。
 

期待という目に見えない不確かな未来より
”今の自分にできることがないのか求め続ける”
ことが何よりも重要なことだと思うんですね。

 

自分のできることを増やしていく
スキルをたくさん身に着け、どんな
変化がある時代であっても、対応して
いける。
 

そんなスキルを得るために、期待している
ヒマなんてないとわたしは思います。
 

最後に

 

期待は簡単で楽なことだと思います。
辛いときでも心の拠り所みたいなオアシス
であり、そんなことあるわけないよね。
と思いつつも楽しいものです。
 

ただ、時代が違えば期待は死を意味する
ことだと思います。
 

他人や自分に期待しすぎてうつ病になり、
実際に死のうとしたわたしは、期待しない
ことによる自分の成長へと意識をシフト変化
できるようになりました。
 

期待しないのは自分のためになります。
 

自分に足りないものはなにか。
できることはなんだろうか。
 

など、できれば期待しないことより
上記のことを意識できるようになって
くると、みなさんの人生がより豊かに
なっていくと思います。
 

みなさんも試しに他人や自分に期待
しないということを実践してみては
いかがでしょうか。
 

別にやらなくてもいいですし、
やったとしたら、自分の気持ちが
すごく晴れやかになっていき、
自分の余ったエネルギーをもっと
大切なことに使えるようになって
いきますよ。
 

 



人生の潮流を一瞬で変えて「奇跡」を引き寄せる裏法則|佐藤想一郎公式メールマガジン「奇跡の扉」
ここまで読んでいただき本当にありがとうございます! このブログを管理しているSUGAです。

人生が変わるヒントを得てもらえたら良いな、 という思いでこのブログを書かせていただいてます。

わたしは4年前、自由な人生を謳歌したくてフリーランスの道を歩みました。

もともと人を信頼できない、頑固で疑い深い、ひねくれ者な性格だったので、自分一人で生きていこうと考えてたんです。 その性格のせいで多くの人に迷惑をかけました。

人生でワースト3に入る失態です。

気付けば廃業。うつ病に。

今思えば一人で生きていこうと思ったのは強がりだったんだなと思います。 本当は、信頼し合える仲間と共に過ごしてみたかった。

しかし、努力が実らなかった自分に失望したのもあって「ああ、終わった。ダメだ俺の人生」と、人生を諦めていました。

・・・でも、どこかに諦めたくない思いがあったんでしょう。

人生のヒントを探していた時に、
偶然、佐藤想一郎さんのメルマガにたどり着くことに。

「この人の書く内容はすごい。自分の人生良くなっていくんじゃないか?」と思わせてくれるような不思議な方でした。

今は、「もっと明るく過ごそう!」と前向きになって、ネガティブな性格を克服しているところです。

他にも友人から「変わったよね?!キャラが違う!笑」って言われて、
理想のパートナーにも恵まれて、楽しい毎日です。

4年前のあの頃に比べたら、
人生が180度変わりました。

ただのメルマガでここまで変わるとは。

感謝しかありません。

・・・そこで今回は、わたしが変われたように、もっとたくさんの人の人生が変わるヒントをお伝えしていきたい。

こんな思いから、
佐藤想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』をご紹介させていただこうと思いました。


SUGA
SUGA
「人生を明るく過ごすヒントを得たい!」など、人生のヒントをお探しの方がいらっしゃったら、ぜひこの下のサイトをご覧になってみてください。
今なら先行特典として、


・Daily Shift~成功マインド編~
・4次元引き寄せプログラム  

をプレゼント中です。

このメルマガを読んでくださった方の人生が、少しでも良くなるように。

→『奇跡の扉』の詳細はこちらから!