音楽を聴いて『無知は罪、知は空虚なり』を体感した体験談

NO IMAGE

こんばんは、SUGAです^^

最近世の中では災害が多くて、ネガティブなニュースが
多いですよね。

全国で多くの人がつらい状況にあると思うんですが、
きっとみなさんがよくなることを願って、
このブログでは常に明るく良い情報を
みなさんにお届けしていきたいと思います!

さぁ行きますよー!

今日は音楽を聴いて『無知は罪、知は空虚なり』を体感した体験談
について話していきます!
 

昨日の出来事なんですが、
音楽を聴きながら車を運転しててあることに気づきました。

それは何かというと、 
 

【無理やりテンション・モチベーションを

上げることはよくないこと】 だと。
 

「いきなりなんだ?!」

って話しですよねw
 

みなさんは、カラオケとかお酒の場で調子があまり良くないのに
無理やりテンションを上げたりするような経験がないでしょうか。
 

『今日は休みだから絶対楽しむぞー!』って。
 

普段の仕事からのストレスから解放されて
楽しい休日を過ごそうと思われてるかと思います^^

 
 
ただ!

冷静に考えてみるとこういう感覚がありませんか?

『無理にテンション上げるとなんかかえって
疲れるような気がする…』
と。
 

疲れてて苦しいのは分かってるけど、
 
「それでもせっかくの休日だし!」 とか
 
「楽しまなきゃ損だよね! 」とか 

限りある自分の大切な時間を無駄にしたくないという思いで
無理やり楽しんでいる自分がいることに。
 

このささいな疑問を音楽を聴いてて気づいたんですねw

これって自分を無理に持ち上げようとしなくても
周りの環境から影響を受けることもあります。
(ここ重要です) 
 

車の中で音楽を聴いてテンションが上がってた
自分がそうだったんですけど、

好きな音楽が流れると自然と口ずさんでて、
サビの部分に入るとさらに気持ちがこもって
最終的には熱唱タイムに入っていったわけです。

もう実際に自分がライブの会場で1万人くらいの
ファンに向かって歌っているのをイメージしながら。。。

まぁ気合いが入りすぎたんですけど、
自然と気分が持ち上げられて行って
熱唱しながら運転してて歌い終わると、
そのまま自宅に着いてkらどっと疲れが押し寄せてきたんですよね。

熱唱レベルなんで残りの体力をすべて使いきった感が
あって、スッキリしたんですけど体がピリピリしような
感覚を覚えたりもしました。
 

 

ここで、以前セミナーで教わったことがピコン!
と頭に思い浮かびました。

それはなにかって言うと、  

【感情・エネルギー・気分には波がある】 ということです。
 
 
今回のわたしの場合だと、
好きな音楽から自然とテンションが
上がって気分が盛り上がったわけなんですけど、
仕事が疲れてる中で無理に上げたので、反動がきたんですね。
 

スポーツで例えると、
「ここで決めたい!」と思ったときに
自分の体はめちゃ筋力使うし、力が入ったりしますよね。

スマッシュを打つときなら、
フルパワーで
 
「ふんぬ…っ!!」 

って感じで打つんだと思います。(笑)
 

んで、決まっても決まらなくてもどうなるかっていうと
体力(エネルギー)が一瞬切れたような感覚を覚えるわけです。

途端に動きが鈍ったり、そのあとのスマッシュに威力が
弱くなったり、息切れしまったりなど。 

このように一瞬フルパワーで決めていったりすると反動があるように、 
 

わたしたちの感情、気分、エネルギーにも一瞬一瞬あげようと
すればするほど反動がきます。

 

反動が来なかったら超人ですよね。

威力あるスマッシュが試合が終わるまで変わらず打ち続けられるとか
恐怖以外のなにものでもないw 

そうなれたらわたしはバドミントンで世界チャンピオンですww
(あ、わたしバドミントンが好きなんです)
 
 

ここで今日いちばんお伝えしたいことに
つながるんですが、

【知っていることと知らないことでは 
 
雲泥の差がある】

ということを言いたかったんです。 

『無知は罪、知は空虚なり』とか言われたりしてますよね。
あれと同じ感じです。

昨日の熱唱のおかげで本日のSUGAはあいにく
お疲れのようで、一日中ぐったりするような
時間を過ごしていしまいました(笑)

一週間の仕事の疲れはもちろんありますけど、
熱唱の部分もあったと思うんですよね。

残りの体力(エネルギー)をすべて使いきった感じが
あってw
 
こんなんで時間をちょっと無駄にししてしまった感が
あるのですが、ネタができてよかったとも思います(笑)

今回の【感情・エネルギー・気分には波がある】ということを
【知っていれば】
もっと自分の時間を有効に使えたじゃないかと思いました。 
 
 
 

わたしは知っていたにも関わらず疲れが残ってるという失態をおかしましたが…orz    

 

疲れててもしっかり寝て、翌朝元気!ってなってた方が
一日を有意義に過ごせるし、一日一日濃い時間を過ごせると
思いましたね。

それをその日で消化しきれず翌日に持ち越すというのは
誠にもったいないと思ったわけです。

趣味がある人なら、疲れた状態で体力ゲージがマイナスまで
足してるのに、

「いや、疲れてても楽しまなきゃ損だ!」  
 
って少ない体力ゲージを無理やり鼓舞してさらに減らす
というのは避けたいじゃないですか。
 
 

(※今日疲れが残っているわたしが言えることではないですが。※)
 
 

ただ、そうなると、
目の前の趣味を全力で楽しめなくなるんですよね。
 

「あー疲れたー」
 
っていうのが頭の中を占めたりして。
 

疲れが残ってる状態だと楽しめるものも楽しめないですからね。
 

(`・ω・´)シャキーンってしてる状態で、
楽しく遊んでスッキリする方が、
疲れてる状態でスッキリするよりも何倍も充実度が増すと思います。

体力が無限大にあるのは小学生までだと思うんです(笑)
 

わたしたちは仕事にエネルギーを奪われ、
ホントに自分がのめり込めるものに時間やエネルギーを
注ぎ込めないことが多いですからね。

なので、
今日知っていることと知らないことでは雲泥の差がある
とみさんが知ってるようなことをあえてお伝えしたつもりでした。

あたりまえかもしれないけど、知識として知っていれば対策がとれるし、
温存して大事なことに時間を使えるようになります。
 
 

こんなことに気づけたのは
最近時間に敏感になってきて、
得られるものはなんでも知らなきゃいかんよねと
思ったわけでして(笑)

自分がもっと変わっていくためには時間って必要なので、
テンションを無理に上げた反動で時間を無駄にしたくないーと
思ったからこそ、知識って大事だなーと改めて思ったわけです。

音楽から壮大な人生テーマになったような気がしたんですが、
テンションを無理やり上げると反動があるよーってお話し
でした。

これはめちゃめちゃ大事ですからね!!
 
 
 
 
 
 
いやー、音楽ってすごいですね。

『No music no life』
『音楽は力だ!』

ていわれるように人の人生をかえるほどの大きな
気づきを与えてくれるわけですから(笑)

それでは今日はここまでで失礼いたします。

それではまた~^^



人生の潮流を一瞬で変えて「奇跡」を引き寄せる裏法則|佐藤想一郎公式メールマガジン「奇跡の扉」
ここまで読んでいただき本当にありがとうございます! このブログを管理しているSUGAです。

人生が変わるヒントを得てもらえたら良いな、 という思いでこのブログを書かせていただいてます。

わたしは4年前、自由な人生を謳歌したくてフリーランスの道を歩みました。

もともと人を信頼できない、頑固で疑い深い、ひねくれ者な性格だったので、自分一人で生きていこうと考えてたんです。 その性格のせいで多くの人に迷惑をかけました。

人生でワースト3に入る失態です。

気付けば廃業。うつ病に。

今思えば一人で生きていこうと思ったのは強がりだったんだなと思います。 本当は、信頼し合える仲間と共に過ごしてみたかった。

しかし、努力が実らなかった自分に失望したのもあって「ああ、終わった。ダメだ俺の人生」と、人生を諦めていました。

・・・でも、どこかに諦めたくない思いがあったんでしょう。

人生のヒントを探していた時に、
偶然、佐藤想一郎さんのメルマガにたどり着くことに。

「この人の書く内容はすごい。自分の人生良くなっていくんじゃないか?」と思わせてくれるような不思議な方でした。

今は、「もっと明るく過ごそう!」と前向きになって、ネガティブな性格を克服しているところです。

他にも友人から「変わったよね?!キャラが違う!笑」って言われて、
理想のパートナーにも恵まれて、楽しい毎日です。

4年前のあの頃に比べたら、
人生が180度変わりました。

ただのメルマガでここまで変わるとは。

感謝しかありません。

・・・そこで今回は、わたしが変われたように、もっとたくさんの人の人生が変わるヒントをお伝えしていきたい。

こんな思いから、
佐藤想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』をご紹介させていただこうと思いました。


SUGA
SUGA
「人生を明るく過ごすヒントを得たい!」など、人生のヒントをお探しの方がいらっしゃったら、ぜひこの下のサイトをご覧になってみてください。
今なら先行特典として、


・Daily Shift~成功マインド編~
・4次元引き寄せプログラム  

をプレゼント中です。

このメルマガを読んでくださった方の人生が、少しでも良くなるように。

→『奇跡の扉』の詳細はこちらから!